Warning: include(ke.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/m050c294/public_html/contentspring.com/index.php on line 18

Warning: include(): Failed opening 'ke.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/m050c294/public_html/contentspring.com/index.php on line 18
預ける品物は付属品も一緒に : 質屋考察

預ける品物は付属品も一緒に

SITE MENU

powered by 撮影スタジオ.jp

質屋考察

質屋考察メイン画像

あまり価値を感じないかもしれませんが、品物を質屋に預けるときには必ず箱や保証書などの付属品を揃えましょう。あるかないかで査定額が大きく変わります。

預ける品物は付属品も一緒に

質屋でできるだけたくさんの融資を望むのであれば、品物自体をキレイにすることも大切ですが、付属品や箱などの担保として出す品物を以外にも気を配ることが大切。

品物を購入したときって、自分にとってはそれ自体に価値があり、箱や説明書、保証書なんていう付属品にはあまり何とも思いませんよね。

しかし、預かる質屋からするとそうではないのです。

最近では、プロであってもなかなか判断できないような高級ブランド品の偽物がかなり出回っています。

質屋にとって万一見誤って偽物を預かってしまうと、とても大きな損害です。

貸したお金が戻ってこないかもしれないというリスクはもちろんですが、もし世間にばれてしまったら信用を失くしてしまい、営業を続けることが難しくなるからです。

そのため、品物の購入場所や流通経路がわかる付属品はとても重要なのです。

利用者からしたら大したことのない付属品も、あるかないかでかなり価格が違ってくるので驚きです。

バッグであれば数万円は変わります。

なので、質屋に品物を預ける前には、必ず購入時と同じ形にするのが重要。

万一返済できなければ、質流れとなり、品物はオークションに出されるか、店頭販売されます。

あなたが購入者の立場で考えてみたら、どうでしょうか?やっぱり品物単体だけより、すべて揃っている物の方が安心しませんか?つまり、質屋のリスクだけでなく、購入者の需要も違ってくるのです。